初めてのFoodPanda

Journal

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

空港でハラハラするシーンはあったものの、無事にシンガポールに入国し、ホテルにチェックインすることができました。

Phase2下でのシンガポール入国ということで、通常より多くの手続き・書類・準備事項があり、

「本当に入国できるかな…」

という不安・緊張状態が続いていましたが、まずはホテルまでたどり着き、SHNをスタートすることができてホッとしています。

 

Sponsored

食の確保

ホッとしたのも束の間、「ここで14日間を生きていく」というのが次の課題。

サービスアパートメントのため、だいたいの設備は揃っているものの、まずは食のインフラを確保せねば!ということで、晩御飯を注文することに。

事前にオススメと聞いていたフードデリバリーアプリ「Food Panda」にチャレンジすることにしました。

 

FoodPandaにチャレンジ!

FoodPandaは、日本で言うところのUberEatsと同じようなサービスです。

ワクワク半分・恐る恐る半分といった気持ちでアプリを開くと、確かにUberEats的な雰囲気のインターフェイス。

でも、

 

「メニューが英語ーーーーwwww」

 

当たり前の当たり前の当たり前の当たり前なのですが、メニューが英語or中国語です。

写真があればなんとなく想像できるけど、写真がないもの結構多い。(Grabの方が写真が多い印象です。)

しかも、食事のメニューに使われてる英語って、普段馴染みのない単語が多い上に、まだ馴染みのないシンガポール系フードとなると、どんなものが来るのか想像できない。。

朝からここまで緊張が続いてて決して元気ではない中、これら英語を解読する気力もなく、、

記念すべきシンガポール1食目は、「メキシカン風サラダ」となりました。笑

 

まぁ結果、無事に運ばれてきて美味しかったからいいです。

全然いいです。

もう、こういういたって普通のことにも全部感謝できる心境です。

普通のことが普通に達成される事のありがたみ。。。

 

フードが届くまで

と言っても、フードが到着するまではそれはもうハラハラでした。

ちゃんと届くのかなぁ…って。。

サービスアパートメントのバディHiteshさんに、ホテルでの14日間の過ごし方の説明を受けた際に、

「何かをデリバリーするときは、ここの住所に合わせて部屋番号も書いてね!そしたらドアの前まで持って行くから^^」

と教わったので、その通りに住所も入力したものの、果たしてどんな感じで届くのか…

アプリでステータスを注視していると、オーダーが無事に受領され、ステータスも順調に更新されていき、お店からこちらに向けて配達が始まった模様。

そして予定通りの約30分後に

「Your oder has been delivered!(くす玉パカーーーン)」

の表示に!

よし、これでHiteshさんが?ドアまで届けてくれるはず…!と待つものの、10分経っても音沙汰なし。

え、コンタクトレスデリバリー的なこと書いてあるし、もしかしてホテルの自動ドア(でもコロナのせいで自動ではない)の前に放置されてたりして…と一抹の不安に。。

 

フードが届くまで②

「何かあったらこの番号からWhatsappか(部屋に備え付けの)iPadからコンタクトしてね!」

の教えがあったので、さすがにWhatsappは個人的すぎるだろうと思って、iPadから

「すみません、私のフードが届いておりますでしょうか(恐縮でございます。。)」

のテンションで問い合わせをしました。

しばらくすると、私のWhatssappがピコンと鳴る。

 

「届いてるから今持ってくね!」

 

と、なんとWhatsappから返信が!

しかも、アイコン写真がめっちゃHiteshさん!笑

 

え、Whatsappでコンタクトって、マジで個人的にHiteshさんとお友達的に繋がると言う事なのか!?とそっちにびっくりしました。

(ゆくゆくわかるのですが、シンガポールでは仕事で個人のWhatsappを使用することが超当たり前のようで、郵便などの配達員もWhatsappで「もうすぐ荷物届けるけど、今家いる?」的な連絡を突如送ってきます。慣れると超便利です)

 

2分待つルール

話は逸れましたが、Whatsappの返信の直後にドアをノックする音が。

このサービスアパートメントのSHNのルールで、

「ノックがあっても2分間はドアを開けちゃダメ(濃厚接触を避けるため)」

と言うのがあったので、そこからさらに2分待ち、無事に食料をGETすることができたのでした。

 

サービスアパートメントでよかった!

で、こういう時に改めて気づくんだけど「(普通のホテルじゃなくて)サービスアパートメントにしといてよかったぁ」っていうのが、

飲み物を注ぐグラスがある!

フォークやナイフ、お皿もある!

洗い物できるスポンジや洗剤だってある!

ということ。

なくても生きていけるけど、やっぱり14日間をできるだけ快適に過ごす上で、こういう設備って大事だな~と、また感謝するのでありました。

 

よし、これFoodPandaの流れはわかった!!

食の不安、ひとつ解消!

タイトルとURLをコピーしました