思いがけない発見ーバスにて

Journal

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

お世話になったOakwoodを胸いっぱいでチェックアウトし、自宅(無事契約できて入居できました)に帰る前にIKEAに立ち寄ることに。

 

Sponsored

バスにチャレンジ

Grabにしようかな…

 

と悩むも、

 

いや、いつまでもバスにビビっていてはいけない!

 

ということで、バスにチャレンジすることにしました。

Googleでルートを調べると、近くバス停から1本で行ける模様。

マップにしたがって歩いて行くと、バス停が見えてくると共にまさに目的のバスが到着するところでした。

トライアスロンで培った体力を活かしてダッシュ。

バスに飛び乗りました。

 

ez-linkカードがない

よし、ez-linkカードをかざせばあとはなんとかなりそうだ、とカバンをゴソゴソ。

 

…ない?

 

……ない!!!

 

お財布に入っているはずのez-linkがないTTTTTT

 

その間もバスは進んでいるので、無賃乗車になっちゃうのこれ!?TTTTTTT

と焦りに焦る。

本当に本当に本当に焦りました。

とは言え、現金はあったので、バスの運転手さんに現金でOKかを聞くと、どうやら現金でもOKの模様。

少し気持ちを落ち着けて現金を準備しようとしていたところで、次のバス停から親子連れが乗ってきました。

すると、お父さんがピッとかざしたのは、なんとクレジットカード。

え!?クレジットカードでもいけるの?

と、すかさず自分のVISAのデビットカードをかざしてみたところ、

 

いけた!!!

 

もうこの時の安心感といったらありませんでした。

シンガポールでは色んなシーンで幸運に恵まれてきましたが、ここでも幸運に恵まれたのでした。

後から冷静に考えて、一駅分は支払いが遅れている訳だから本来は良くない訳ですが、バスの運転手さんも私の動揺っぷりを見て何も言わずに見過ごしてくれたのだと思います。

感謝。

 

クレジットカードも使えるらしい

で、改めてシートに腰を降ろし、

シンガポール バス クレジットカード

でググり始める訳ですね。

今自分の身に起こっていることはなんなのか、を探す訳です。

この裏技的な乗り方は本当にオフィシャルなのか?それに、カードは何枚も持ちたくないし、チャージもしなくていいなら絶対こっちの方が便利ですやん!と。

するとどうやら、通信マークの付いているVisa/Masterのクレジットカード(デビットカード)であれば、日本のカードでもシンガポールのカードでもez-link同様使用できる模様!

この通信マーク

しかし、ez-link使用時に適応される割引がないようなので、お得なのはez-linkのようでした。

とは言え、ez-linkを紛失した今日、ややこしい現金払いを避けることができたのができたこと、そして今後の参考にもなる事実が知れてとてもラッキーでした。

 

降車時もタップするのか?

ただ、この時に探せなかった情報が、

降りるときもタップするのか?

ということ。

ez-linkの場合、乗車時と降車時の両方でタップすることで運賃を計算する仕組みです。(日本のSuicaと同じ)

しかし、現金払いの場合はタップも何もないし、クレジットカードだと一律料金なのかなぁ、などと余計なことを考えていると、目的地のバス停に到着。

まぁ、タップしないよりタップしといた方がいいだろう!ということでタップをしておりました。

後日調べてみると、ez-link同様、クレジットカードの場合もタップするのが正解だったようで(良かった!)、これまた勉強になりました。

 

 

ez-link無事に出てきた

IKEAでのお買い物を済ませ、荷物が多くなったので帰りはGrabで。

家に着き、ez-linkを間違えてどこかに入れてしまったのかもと、心当たりのあるカバンなどを探すものの、どこにもない。。

落としちゃったのかなぁと落ち込みながらもダメもとでもう一度お財布を探すと、

 

あった…。

 

焦って見落としただけで、きちんとお財布に入っていました。。

ということで、ez-linkも紛失することなく、クレジットカードでもバスに乗車できることがわかったので良しとします!

 

※クレジットカードで交通機関を利用したい場合は、simply go でネット検索するといいですよ〜!MRTも乗れます!

タイトルとURLをコピーしました