【シンガポール】スマホ(iPhone)のタップでMRTやバスに乗る方法

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

今回は、シンガポールのMRTやバスに乗る際にいちいちカードを取り出すのがめんどくさい!という方に向けて、スマホでの乗車方法について紹介します。

 

Sponsored

結論

まず結論からシェアをすると、

  1. Apple Payに有効なカード(クレジットカードやデビットカードなど)を登録する。
  2. タップする直前にサイドボタンのダブルクリックでWalletを立ち上げ、パスワードの入力を済ませる。
  3. タップする

のやり方が1番おすすめです。

 

ここからはもう少し丁寧に解説します。

 

基本、カードのタップで乗れる

シンガポールでMRTやバスに乗る際には、Ezlinkカード、クレジットカード、銀行のデビットカードなどを使用するのがメジャーです。

 

スマホのタップで乗れる?

日本では、SuicaやPasmoなどをスマホと連携することで、パスワードなどの入力なしでそのまま「ピッ」っと乗車ができ、それに慣れている私は、いちいちお財布からカードを取り出すのがめんどくさい…ということで、シンガポールでもスマホタップで乗車できないか!?ということを調べました。

 

Apple Payで可能

結論、パスワード入力(もしくはFaceID)が必要となりますが、Apple Payに有効なカードを登録することで、スマホタップで乗車が可能です。

 

Express Travel Cardは登録できない

ただ、このパスワードの入力がめんどくさい…さらにコロナ下の以下、マスクは常時着用必須のため、FaceIDも役に立ちません。

SuicaやPasmoの時みたいに、パスワードなしで乗車したい!!ということでさらに調べました。

Express Travel Cardとは?

そこでわかったこととして、SuicaやPasmoは単なるApple Payではなく「エクスプレストラベルカード」として登録することができ、このエクスプレストラベルカードのみ、パスワードなしで使用ができるということがわかりました。

一方で、2022年1月現在、シンガポールで「Express Travel Card」に対応したカードはありません。

そのため、Apple Payを使用する際には常にパスワード入力が必要となる、ということになります。

なお、Express Travel Cardの画面は「Setting」→「Wallet & Apple Pay」→「Express Travel Card」より確認できます。

 

実際に使えるか?

ということで、Apple Payのデフォルトカードをシンガポールで作ったクレジットカードに設定し、早速トライしてみました。

バスに乗る際にスマホをかざしてみると、Walletが立ち上がりパスワードの入力画面が。

急いでパスワードを入力し再度かざすと、無事に乗ることができました。

 

しかし、いちいちWalletを立ち上げる時間とパスワードを入力する時間がかかり、理想とするスムーズさがありません・・・

ラッシュ時間は一瞬人の流れを止めてしまうので、ここは大人しくお財布からカードを取り出してタップしよう・・・と諦めました。

しかし、ひょんなことから「WalletはiPhoneのサイドボタンのダブルクリックで立ち上がる!」ということを発見。

 

おすすめの設定

ということで、早速設定画面へ。

「Setting」→「Wallet & Apple Pay」→「Double click Sinde Button」を有効にします。

 

試しに、サイドボタンをクリックしてみると、スムーズにWalletが立ち上がっただけではなく、その場でパスワード(もしくはFaceID)の承認を済ませることができました。

つまり、これでいつでもタップできる状態、ということです。

機器にタップする前にパスワード入力までを完了しておくことで、スムーズに乗車することができました!

 

お財布からカードを出してまたしまう手間を考えると、個人的にはこの方法の方が楽ちんです!

 

以上、スマホタップでの乗り方について紹介しました。

このサイトでは、私のシンガポールでの生活に関してシェアしています。

カテゴリーより他の記事もぜひご覧ください:)

Copied title and URL