【シンガポール・2020年】バスの乗り方とez-linkの買い方・使い方

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

今回は、実はとーーっても簡単なシンガポールでのバスの乗り方についてシェアします。

 

Sponsored

とっても便利なシンガポールのバス

シンガポールにおいて「バスを使わない手はない!というほど、バスが便利です。

私自身、日本ですらあまりバスを使わなかったので、異国の地でバスに乗ることにとてもビビっていたのですが、

 

なんてことはない。

 

一度乗り方さえ理解すれば、本当に本当に簡単・便利・安い!です。

バス停はシンガポールのいたるところにあるので、MRTが遠くても心配する必要はありません。

物件を選ぶときも、MRTだけではなくてバス停が近くにあるか、そのバス停に色んなバスが止まるか?をチェックすることをおすすめします!

※バスがこんなに便利だと知っていたら、もっと違う地域に住むのもありだったなぁって思ってます。笑

 

バスの乗り方

乗り方は、繰り返し言いますが、とっても簡単です。

前から乗って後ろから降りる

どのバスも、前のドアから乗って、後ろのドアから降りる、が基本です。

乗り降りする際は意思表示すること

シンガポールのバスは、乗る人や降りる人がいないバス停には停まりません。

また、バス停の名前を読み上げるようなアナウンスもありません。

そのため、降りる際にはボタンで知らせるか(日本と同じ)、目的のバス停に着く少し前に降車用の後ろのドアの前に立って降りることを知らせましょう。

バス停には複数の路線のバスが止まります。

手をあげたり、目線を送って知らせないと「この人は違う路線のバスに乗る人」と思われてバスが止まらない時があります。

乗りたいバスがきた時も意思表示をすると安心です。

 

ez-linkでキャッシュレス

ez-linkカード

バスと言えば、お金の清算が面倒なイメージがありましたが、キャッシュレスが進むシンガポールではそんな心配はありません。

ez-linkという、Suica的なカードを購入しチャージすることで、ピッとかざすだけでバスに乗れます。

ドアの付近にカードリーダーがあるので、乗る時と降りる時、それぞれピッとかざします。

こうすることで、乗った分の運賃が自動で引き落とされます。

割引あり

ez-linkを使用することで、現金よりも運賃がお得になります。

クレジットカードも使える

この通信マークのあるVISA/Masterのクレジットカード(デビッドカード)も、ez-link同様に使用することができます。

クレジットカードを使用する場合も、乗る時と降りる時にカードリーダーにかざせばOKです。(割引はなし)

  

ez-linkの買い方

ez-linkは、バスのインターチェンジや、MRTのチケット売り場、セブンイレブンなどで購入することができます。

私の場合、セブンイレブンでSGD10で購入しました。

SGD5がチャージ代で、SGD5がカード代です。(non-refundable)

MRTで購入する場合はSGD12で購入でき、うちSGD7がチャージ、SGD5aがカード代となります。

色々なデザインがあり、選ぶことはできないようなのですが、一期一会の感覚で楽しいです。

 

チャージの方法

ez-linkへのチャージは、MRTの駅やアプリからも可能です。

駅でのチャージ

駅にあるTicketsの機械でチャージすることができます。

現金の他、クレジットカードでの精算も可能です。

  

アプリが便利

とは言え、わざわざチャージのためにMRTに寄るのは不便なので、ez-linkのアプリが便利です。

アプリ上でクレジットカードを紐付けることで、自動チャージも可能です。

利用履歴もチェックできる

また、アプリ上では過去の利用履歴も確認することができます。

割引されていることがわかりますね

 

ルートの調べ方

バスの乗り方はわかったものの、どのバスに乗ればいいかわからない…という方は、シンプルにGoogle Mapがおすすめです。

バス用のアプリも紹介してもらいましたが、個人的にはGoogleが使い慣れているので楽チンです。

若干の時差はあるものの、問題なく使えます。

 

以上、シンガポールでとっても便利なバスの乗り方に付いて紹介しました!

初めは勇気が入りますが、全く怖くないのでぜひ活用してください^^

タイトルとURLをコピーしました