【2022年】イギリス Spouse Visa 実際に用意した必要書類とアップロード方法①概要編

Singapore Life

こんにちは、Yurikaです。

2022年9月5日にBiometricsを終え、現在結果を待っています。

前回の記事では、Spouse Visaの申請にあたっての基本的な流れについて紹介しました。

今回の記事では、オンライン申請にあたって私たちが実際に準備・アップロードした書類と、その方法について紹介します。

あくまで私たちのケースなので、参考の一つとしてお役に立てれば幸いです:)

 

Sponsored

私たちのケース

前回の記事でも触れた通り、Spouse Visa申請に際して準備する書類はカップルによって異なります。

私たちの場合、シンガポールで結婚し、シンガポールで同居し、シンガポールに職がある(イギリスに職がない)状態での申請でした。

そのため、いわゆるCategory Dという(2022年時点のUK.Govのサイトにはこのような表記は見つからなかったのですが、過去にはこういったカテゴリーの明記があったようです)、銀行預金でFinancalを証明するというケースでした。

具体的には、どのカテゴリーにも共通する情報である結婚の証明、英語力の証明の他に、2人の銀行口座に合わせて£62,500以上のCash Savingがあることを証明する必要がありました。

 

必要書類の概要

そもそも、必要書類はいつどんな場面で必要かというと、オンライン申請でSupporting Documentとしてアップロードするのに必要です。例えば、結婚を証明するMarriage Certificateであれば、PDF化してGov.UKのサイトにアップロードする、といった感じです。

私たちの場合、Biometricsに全ての書類をプリントアウトして持っていきましたが、一部、事前に提出が必要であると指定された書類を除き、確認されたり提出したりする場面はありませんでした。(そのため、100ページほどが印刷の無駄に終わりました笑)

 

必要書類のカテゴリー

必要書類をアップロードする際には、9つのカテゴリーが設けられており、該当するカテゴリーに書類をアップロードしていきます。(実際にこの画面に辿り着くまで知らなかったため、後から書類を整理し直したり、作りかえたりする羽目になりました)

そのため、どのようなカテゴリーがあるのかを事前に知ることで、書類の準備の他、後々のアップロードが非常にスムーズになります

以下が9つのカテゴリーです。

  1. Accommodation Permanent
  2. Education Evidence
  3. Financial Evidence
  4. Additional Documents
  5. Appendix Ⅱ
  6. Consent Letters and Proof of Relationship
  7. Employment Evidence
  8. Sponsor Evidence
  9. TB Certificate

私たちの場合、5.7.9は該当しなかったので、残りの6つのカテゴリーにのみ書類をアップロードしました。

このカテゴリーの存在を知るまでは、書類の順番などは特に気にせず、揃ったものをアップロードしていくものと思っていましたが、このアップロード方式を知ったことで、どの書類がどのカテゴリーに入るのかを調べたり、Indexの順番を変えたりと、追加タスクが生じました…

そのため、これから申請をされる方は、必要書類だけではなく、その書類がどこのカテゴリーに属するのかという点についても、私たちの例が一つの参考になると幸いです。

 

以上、今回の記事では必要書類に関する概要をまとめました。

次の記事では、実際に私たちが用意した書類の詳細について紹介していきます。

 

Copied title and URL