【2022年】イギリス Spouse Visa 実際に用意した必要書類とアップロード方法②

Work Abroad

こんにちは、Yurikaです!

2022年9月5日に、無事にBiometricsを終え、現在結果が出るのを待っています。

前回の記事では、オンライン申請にあたって必要書類について、概要を紹介しました。

今回の記事では、私たちが実際に準備した書類の詳細について紹介していきます。

あくまで私たちのケースなので、参考の一つとしてお役に立てると幸いです:)

 

Sponsored

書類のIndex

私たちのアップロードした書類は以下です。

 

以下、詳しく説明していきます。

 

アップロードのカテゴリー

前回の記事でも紹介しましたが、書類をアップロードする際には、9つのカテゴリーが表示され、該当するカテゴリーに書類をアップロードしていく必要があります。

私たちの場合、9つのうち6つのカテゴリーにのみ該当したので、6つのカテゴリーに分けて書類をアップロードしました。(そのため、前出の画像では6つのカテゴリーとなっています)

該当カテゴリーは以下です。

  1. Accommodation Permanent
  2. Education Evidence
  3. Financial Evidence
  4. Additional Documents
  5. Consent Letters and Proof of Relationship
  6. Sponsor Evidence

 

次に、それぞれのカテゴリーにどんな書類をアップロードしたかを説明していきます。

 

1. Accommodation Permanent

ここでは、イギリスでの居住先についての証明書類をアップロードしました。

私たちの場合、二人ともシンガポール在住でまだUKでの住所が決まっていなかったので、夫の両親の実家を居住先に指定させてもらいました。

それを証明するための書類として、

  • Invitation to stay at accommodation(夫の両親からのInvitationレター)
  • Title deed confirming property ownership(夫の両親が家の所有者である証明)
  • Photocopy of home owners passport and Drivers License(夫の両親の身分証明)

を用意しました。

 

2. Education Evidence

このカテゴリーでは、私の英語力を証明する書類をアップロードしました。

  • IELTS Life Skills B1 Test Certificate

 

3. Financial Evidence

このセクションでは、Category Dの必要要件である、Cash Saving(£62,500)を証明する書類をアップロードしました。

継続して6ヶ月間保有していることが条件

銀行口座でCash Savingを証明する場合、銀行口座に直近の6ヶ月間ずっとお金が貯金されていることが必要となります。

月によって残高の変動があると思いますが、過去6ヶ月間で最も低かった時の残高がCash Savingの額として採用されます。 (つまり、複数口座を使用して証明する場合、それぞれの口座の最も低い残高を足して£62,500に達していることが必要)

£以外の外貨口座も対象だったので、各自、シンガポール、日本、イギリスにある口座の過去6ヶ月分のBank Statementを証明書類として提出しました。

NS&I Premium Bond

私たちの場合、Premium BondもCash Savingの一部として使用しました。

これについては少し珍しいケースなので詳細は別途の記事にまとめます。

Payslip&Offer letter

銀行口座の預金の収入源の証明として、Payslip(給与明細)を提出しました。

Offer Letterは基本的にはあまり必要ないと思うのですが、たまたま私の会社のPayslipがデジタル化されたのがVisa申請月の前月のみで、それ以前のPayslipは実物のみ、かつ印刷不良のため使用できるクオリティではなく、5ヶ月間のPayslipが準備できなかったことから、Payslipはないけどその企業でちゃんと働いていたよ〜ということを証明するためにoffer Letterもアップロードしました。

Cash Savings Declaration

これについては、オンラインアプリケーション完了時に指示された書類でした。

ネットで他の人がアップしているテンプレートを探し作成しました

 

ということで、Financal Evidenceカテゴリーの提出書類を今一度まとめると、

  • Bank Statements(各口座、直近の6ヶ月分
  • Proof of NS&I Premium Bond Ownership
  • Payslips
  • Offer Letter
  • Cash Savings Declaration

をアップロードしました。

 

4. Additional Documents

ここでは、他のカテゴリーに該当しないものをアップロードしました。

具体的には、

  • Documents Index Page(冒頭の画像)
  • Online Spouse Visa Application(申請完了時にダウンロードしたもの)
  • IHS Reference Number(IHS支払い時に受信したConfirmation email)
  • Applicant PassportBiometric Appointment Confirmation (Confirmation email)
  • LetterDocument Checklist (Unsigned)
  • Applicant’s ID(シンガポールでのIDカード)
  • Legal Representation Letter(Solicitorから発行してもらったもの)

※Legal Representation Letterについては、Solicitorsを利用しない人については特に不要かと思います。なお、私たちはSolicitorを利用しましたが、全くもって使い物にならず本当に後悔しました。そして、結局はほぼ自力で申請しました。

 

5. Consent Letters and Proof of Relationship

ここでは、2人の婚姻関係を証明する書類を提出しました。

UK.Govのサイトでは、Proof of relationshipとして写真だの通話履歴などは考慮しない、という明記がありますが、色々調べたところ、提出している人がほとんどのようだったので、出しておいて損はないなということで提出しました。

具体的には、

  • Marriage Certificate(シンガポール発行のもの ※UKでも有効)
  • Relationship Evidence Photographs(2人で写っている写真と簡単な説明)
  • Relationship Evidence Records of Communication(WhatsAppのスクリーンショット)
  • Holiday Flight Tickets Together Penang via Expedia(なくても良さそうだけど念の為)
  • Current Tenancy Agreement to Prove Living Together and Financial Responsibilities(同棲していることの証明)
  • Current Wifi Bill to Prove Shared Financial Responsibilities(請求先として、1つの住所に対して2人の名前が記載されいる)
  • History of relationship(出会いから結婚までの簡単な年表1ページ)

決まったテンプレートはなし

2人で写った写真や、WhatsAppの通話履歴、2人の年表などは特に指定のテンプレートがありません。

そのため、A4サイズで4〜5枚にまとまる程度で作成しました。

 

6. Sponsor

このカテゴリーでは、Sponsorである夫の情報についてアップロードしました。

具体的には

  • Sponsor Passport Copy
  • Sponsor ID
  • Sponsor Cover Letter Application to Enter UK as Partner

Sponsor Cover Letter Application to Enter UK as Partnerについては、ネットで他の人がアップしているテンプレートを探して作成しました。

 

以上が私達が実際にアップロードした書類となります。

これから申請を控えている方の参考になれば幸いです:)

Copied title and URL