【B.Aプロテクター・レビュー 】エイジングケアまでできる日焼け止め

Beauty

こんにちは!

今回は、POLAのB.Aより発売されている「B.A プロテクター」についてレビューします。

  • 毎日使う、しかも顔に使う日焼け止めだからこそいいものを使いたい
  • スキンケア効果のある日焼け止めが使いたい

という方にはとてもおすすめの日焼け止めです!

早速紹介していきます!

 

B.A プロテクターは、2020年3月より

B.A ライトセレクターにリニューアルしました!

 

Sponsored

B.Aブランド

B.Aは、POLAの中でも最もプレステージラインのブランドです。

独自の研究で総合的なアンチエイジングに強みをもち、新製品は必ずと言っていいほどベスコスを獲得する実力派のブランドです。

B.Aのベーシックな美容理論については下記の記事で詳しく紹介しています。

 

B.Aプロテクター

45g/¥11,000(税抜)
SPF50・PA++++

B.A プロテクターは、B.Aから発売されている日焼け止めです。

「日中用クリーム」としての働きもしてくれます。

 

レビュー

まず初めに、B.Aプロテクターを使用した感想です。

安心して毎日使用できる!

1番感じていることは、

SPFやPAが高くても安心して毎日でも使用できる

ということです。

これまで使用したSPFやPAが高いものは、乾燥や肌への負担が大きく、毎日の使用は憚られました。

しかし、さすがスキンケアブランドの発売する日焼け止め。

日中用クリームに日焼け止め効果が付随した、と言っても良いほどスキンケアのように肌に負担がありません。

もちろん、日焼けもしっかり防止してくれます。

日焼け止めにこだわりがある方はもちろん、日焼け止めが嫌いな方にも使ってみてほしいアイテムです。

アンチエイジング効果もあり!

肌に負担がないというより、むしろアンチエイジング効果もあるから驚きです。

アンチエイジングしながら日焼けも防止してくれます。

【ポーラ】最高峰B.A の日焼け止め

 

この理論について詳しく紹介していきます。

 

近赤外線に対応した日焼け止め

B.Aプロテクターがアンチエイジングしながら日焼けも防止してくれるポイントは「近赤外線」です。

近赤外線とは?

近赤外線は、紫外線同様、太陽光の1種です。

紫外線のUV-Aよりも波長が長く、真皮へ入り込む威力はUV-Aの3 倍以上のと言われています。

つまり、紫外線よりも真皮を破壊する力が強く、シワやたるみなどの原因になります。

紫外線同様、4月から急上昇し9月以降減少します。

近赤外線カット&うるおいチャージ

この近赤外線に対応するよう、B.Aプロテクターでは近赤外を

  1. カットし、
  2. 失われがちなうるおいチャージする

2つのアプローチを取っています。

バーシカンケアを採用

うるおいをチャージする点では、B.Aスキンケアラインの美容理論「バーシカンケア」を採用しています。

胎児に初めて肌が創られる瞬間を研究し、大人の肌においてももう一度肌を「創り出す」というもの。

特に赤ちゃんのような、シワやたるみのない弾力のある肌に導くものです。

B.Aプロテクターは、日焼け止めでありながらもこのバーシカンケアをすることができます。

 

テクスチャー

テクスチャーは、クリームとジェルが融合した「ジェルクリーム剤型」です。

ジェルクリーム

クリームは「プロテクト」を、またジェルは「チャージ」に対応した日中専用の処方です。

ジェルよりはクリーム感の方が強いです

クリームにジェルが加わることで、伸びもよく、暑い季節でも重たすぎないテクスチャーです。

スキンケアの香り

また、日焼け止め独特の香りはなく、スキンケアと同じ香りがします。

そのため、まさに「クリーム」を使用しているのと同じ感覚です。

 

あと肌

あと肌は大変しっとりします。

とてもしっとり、モチっとするので、これを使用する時にはスキンケアのクリームは使っていません。(そもそも日中用クリームでもあるので。)

メイクを落とした後も、肌が乾燥したりダメージを受けた感触はなく、安心して毎日使用できます。

 

以上、B.A プロテクターを紹介しました。

毎日気持ちよく使用でき、アンチエイジングケアまでできるおすすめのアイテムです!

【B.Aプロテクター】

 

その他のB.Aアイテムにレビューも合わせてご覧ください。

 

姉妹ブランドのRed B.Aについてはこちらから。

  • Cleansing/Wash

 

その他のBeautyコンテンツは、こちらからご覧頂けます。

 

タイトルとURLをコピーしました