【スキンケア】乳液とクリームはなぜ必要?ライン使いがいい?

Beauty

こんにちは!

過去に化粧品メーカーに勤務していたこともあり、よく「スキンケアってどうしたらいいの?」といった質問を受けることがよくあります。

そんな中でも多い質問が

「乳液って必要?」

「クリームって必要?」

「ライン使いってした方がいいの?」

というもの。

そこで今回は、元美容部員トレーナーの経験から、乳液やクリームの役割、ライン使いのメリットについて紹介していきます。

  

Sponsored

保湿には2種類ある!

まず始めにおさえておきたいことは、スキンケアの保湿には大きく2種類あるということ。

水分と油分です。

お肌のうるおいは、水分だけでも油分だけでもだめで、両方のバランスが整うことでプルプルのお肌になります。

 

スキンケアアイテムにあてはめるとどうなるかというと、

水分を補うのが化粧水。

油分を補うのが乳液とクリームです。

そのため、化粧水+乳液+クリームを使用するのが理想です。

 

理想はわかる…でもめんどくさい、という方。

お手入れを簡略化したい場合は、化粧水はマストで、さらに乳液とクリームはどちらを必ず使用することをおすすめします。

 

乳液とクリームならどっち?

では「乳液とクリーム、どちらか片方でいいならどっちを使う方がいいの?」

という疑問が出てくるかと思います。

 

乳液とクリームの違い

結論から言うと、より成分が濃厚で、より保湿力が高いのがクリームです。

クリームという剤は、成分をより安定して配合できる他、保護膜としての機能も高いため、よりたくさんの美容成分を含み、肌に届け、持続する効果が期待できます。

一方、乳液は油分を補給しながらもクリームよりも軽い仕上がりになります。

メーク崩れが気になる、テカリが気になるという方にとっては、クリームよりも使いやすいアイテムです。

肌のコンディションを見ながら使用アイテムを工夫するのがオススメです。

   

乾燥が気になるならクリーム優先

肌の乾燥が気になる場合は、より保湿力の高いクリームを優先しましょう。

 

テカリなどが気になる場合は乳液を

肌タイプによって、脂っぽい肌質の方や夏場など、肌が油性に傾いている場合にはクリームよりも乳液を優先しましょう。

  

配合成分もチェック

とはいえ、乳液やクリームにも「しっとり」「さっぱり」といった保湿力の違いや、「美白」「アンチエイジング」「敏感ケア」「ニキビケア」など機能性も様々です。

保湿力だけではなく、機能の違いで使用アイテムを工夫できるとさらに◎です。

  

ライン使いはマスト? 

ここまででお伝えした通り、理想は化粧水+乳液+クリームですが、肌のコンディションによって必ずしも3品使用はマストではありません。

ただ、同じブランドでのライン使いは、個人的にはオススメです。

ラインで使用することで浸透力が高まったり、保護膜が強固になる設計になっているものが多いからです。

しかし、肌は十人十色。

自分の肌に合う組み合わせが見つかれば、ブランドが違おうとそれが正解です。

 

以上、乳液とクリームの必要性、ライン使いの必要性について紹介しました!

 

その他のBeautyコンテンツは、こちらからご覧頂けます。

 

タイトルとURLをコピーしました