【海外移住】現金は絶対持って行った方がいい&デビットカードのススメ(PRじゃないよ)

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

今回は、私がシンガポール渡航に当たってめちゃくちゃ後悔したこと「現金持ってくればよかった…」についてシェアします。

旅行ならまだしも「住む」となると、旅行とは違ったシーンで現金が必要になります。

また「長く」滞在するといった点でも、カードだけでは乗り切れないシーンに遭遇します。

そこで今回は、カード大国のシンガポールであっても現金が必要だったシーンも合わせて紹介します。

 

Sponsored

シンガポールはキャッスレス文化

そもそも、シンガポールはキャッスレスが進んでいる国です。

クレジットカードはもちろん、いわゆるSuica的な「ezLink」というカードや、LINEPay的な「PayNow」、口座から直に引き落とされる「NETS」といったものが根付いているので、現金を持たなくても基本的には困らない国です。

私自身、日本でも現金はほぼ持ち歩かなかったことと、シンガポールでもクレジットカードがあればどうにでもなると思っていたので、現金(シンガポールドルや日本円)はあまり持ち込みませんでした。

 

ただ、これが誤算でした。。

 

VISA・Masterが主流

まず、クレジットカードの場合は、VISAとMasterを用意することをおすすめします。

(後述しますが、それぞれ1枚づつ、もしくは同じブランドでも2枚はあると安心です。)

JCB・Amexが意外に使えない

日本の国際ブランドとして有名なJCBですが、意外にもシンガポールでは使えないところが多いです。

ほとんどのお店で、VISA ・Masterが使えますが、JCBやAmericanExpressは日本に比べると使えるお店が少ない印象です。

例えば、Uber的な「Grab」や「Pandafood」、Amazon的な「LAZADA」は、VISA・Masterしか使えません。

 

ApplePayは使えるけど使えない

ApplePayに対応しているお店もありますが、日本のクレジットカードに紐付けたApplePayを使うことはできません。(この辺のロジックは長くなるのでググってください)

シンガポールのクレジットカードやデビットカードを紐付けることで、シンガポールでのApplePayを利用することができます。

 

私に起こった悲劇

そんなシンガポールで私に起こった悲劇は以下です。

クレジットカードの磁気不良

VISAのクレジットカードは1枚だけ持っていたのですが、なんとその頼りのVISAが磁気不良を起こしました。。

ネット決済はできるものの、店頭での決済ができず、本当に本当に困りました。。

これから海外へ行かれる方は、磁気不良については確認してから渡航される事を強くおすすめします。。

解約時期を誤った

Mastercardも一枚持っていたのですが、ちょっとしたアクシデントで解約時期を誤り、これについても使えない状況に。。

JCBが使えない…

手元に残った2枚のJCB。。

先述の通り使えるお店が限定されていて、戦闘能力が発揮できない。。

 

こんな状況で、クレジットカードについてはかなり心細い思いをしたので、これからシンガポールへ来られる方は、VISA・Masterを複数枚お持ちの上で、さらに現金もあると安心かと思います。。

 

海外送金は簡単じゃない

また、「いざとなれば海外送金すればいいし〜」と思っていたのも大きな誤算でした。

海外送金は、

  • 事前に申し込みが必要1週間以上かかったりする)
  • 送金してから口座に振り込まれるまで時間がかかる
  • そもそも口座を開設する必要がある

といった場合があります。

日本で振込する感覚とは違うので、海外送金を一つの手段として考えている方は、日本にいるうちから事前に準備をしておく事をおすすめします。

 

※2020年7月27日追記:海外送金がお得に・簡単にできる「TransferWise」に出会いました!

 

現金じゃないとダメな時

旅行程度であれば、クレジットカードさえあればなんとかなる事も多いですが、「住む」となると話は変ります。

家の契約

一番はこれ!

契約する相手にもよりますが、家の契約には初回の振込でデポジットが発生するので、家賃×2ヶ月分ほどの費用が必要となります。(他にも色々かかる)

Landlord(大家さん)は、個人事業主であることが多いので「クレジット払いで^^」といったことができません。

せっかく気に入った物件があっても、すぐに払える現金がないと契約を結べないことがあるので注意です。(1週間とか待ってくれない)

銀行口座のデポジット

銀行口座を開設する際には、最低限預け入れないといけない金額が設定されています。

これについても「クレジット払いで〜」なんてことはできないので現金が必要となります。

 

私の場合、クレジットカードが踏んだり蹴ったりな上、現金も大して持って来ず、そんな中家の契約と銀行口座を開設しようとしたので、本当に綱渡りのような日が続きました。。

 

現金はあったほうが安心です

ということで、私のようなケースも稀かとは思いますが、シンガポールドルではなくても、いざという時に両替できる日本円(現金)があると安心かと思います。。

持ち込んでいい金額に注意

とはいえ、現金を持ち込む場合は法律で定められた上限金額があるはずなので、確認される事をお勧めします。

 

デビットカードのすすめ

海外送金以外に現金を手に入れる方法として「日本の口座から現金を引き出す」という方法があります。

日本の口座から現金を引き出すためには

  • クレジットカードでのキャッシング
  • デビットカード

のいずれかがあります。(他にもあるのかな?)

どちらも手数料はかかりますが、デビットカードであれば、いわゆる「海外でも使えるキャッシュカード」なので、利息なしで引き出しが可能です。

私は日本のキャッシュカードはただのキャッシュカードだったため、これができませんでした。

審査なしで申し込み可能

ただ、オンラインでデビットカードの申し込みができたので、今は日本からそのカードが届くのを待っています。(クレジットカードではないので審査などがない)

これから渡航される方は、海外でも現金が引き出せるような手段を持っておく事をおすすめします。

 

以上、私が本当に後悔した「現金持ってくればよかったぁぁ」について紹介しました。

 

タイトルとURLをコピーしました