マレーシア・タイ・インドネシアおすすめSIMカード・Singtel ReadyRoamとは?使い方・申し込み方法

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

このサイトでは、シンガポールで暮らす中での様々な経験・情報についてシェアしています。

シンガポールではコロナの規制も緩和され、海外旅行へ行く方も増えてきました。特に、隣国であるマレーシアやタイ、インドネシアに行く方が多くいます。

そこで今回は、マレーシア・タイ・インドネシアでおすすめのSIMプラン、ReadyRoamについてシェアします。(既にSingtelを契約している方向けです)

 

シンガポールから日本へ一時帰国を検討している方は、こちらの記事も参考にご覧ください:)

 

Sponsored

ReadyRaomとは

ReadyRoamはSingtelのSIMプランです。

通常のプランにAdd on(追加)する形で購入することができます。

ReadyRoamを追加購入することで、マレーシアをはじめとする様々な海外でお得にデータを使用することができます。

そのままのSIMカードでOK

通常のプランにAdd onするタイプなので、別途SIMを取り替える手間がありません。

一般的に海外で使えるSIMカードを契約すると、SIMカードの受け取り・配送などの手間が生じますが、既にSingtelユーザーであれば、プランを追加するだけで、今お使いのSIMカードのまま海外データローミングができます。

安い!

マレーシア・タイ・インドネシアの場合、$5/GBからAdd onすることができます。

プランによっては複数国のローミングが可能

ReadyRoamの中にもいくつかプランがあり、行きたい国によってプランが異なります。

近隣の1国だけ行くプラン、アジア全般をカーバーするプラン、欧州をカバーするプランなど全部で3つのプランがあります。

契約期間中であれば、対象国を跨いでの利用も可能なため、例えば30日以内にシンガポール→日本→アメリカ→タイといった旅行をしたい場合も、国ごとに新規に契約する必要がありません。

30日の契約・プリペイド

プランは、契約日から30日間有効です。

利用開始日までに契約・支払いを済ませます。

例えば、マレーシアに2週間の旅行を予定していて、1週間で1GBを使い切ってしまった場合は、その時点でまた$5/GBをAdd onすることができます。

プリペイドなので、後から巨額の請求がくる心配もありません。

申し込み方法も非常に簡単です!(後ほど説明します)

 

Single Destination ReadyRoam Neighbours

近隣のマレーシア・タイ・インドネシアのうちどこか1カ国だけ行く場合は「Single Destination ReadyRoam Neighbours」を選択します。

先述の通り、$5/BGが30日間有効です。

私の場合、5日間の日程でマレーシアに行きましたが、ホテルのWifiなども使用したため1GBで十分でした。

 

申し込み方法

申し込みはSingtelのアプリから行います。

基本的な流れとしては、

  1. アプリのホーム画面から「ROAMING & OTHER ADD-ONS」を選択
  2. 行きたい国を選択
  3. ReadyRoamを選択
  4. プランと利用開始日を選択
  5. 支払い

となります。

ここからは写真で説明します。

まずは、アプリのホーム画面から「ROAMING & OTHER ADD-ONS」を選択

ROAMING & OTHER ADD-ONS」を選択

 

次に、行きたい国を選択

行きたい国を選択

 

次に、「ReadyRoam」を選択。

 

次に、「Single Destination ReadyRoam Neighbours」のプランを選び、利用開始日を選択。※契約の終了日は自動的に30日後が入力されます。

プランと利用開始日を入力

 

支払いをして申し込み完了です!

 

現地での使用方法

ReadyRoamを使用するためには、データローミングをOnにする必要があります。

iPhoneの場合、「Setting→Mobile Data」で、Mobile DataとMobile Data OptionでDate RoamingをOnにすればOKです。

特に何もせずとも自然に現地の回線に接続し、データが使用できるようになります。

電話は有料

このプランには、海外通話料金は含まれません。

電話をかけることはもちろん、かかってきた電話を取るだけでも料金が発生するので注意です。

もちろん、WhatsAppやLINEなどを通じた通話は、契約データ使用量を超えない限り内別途の料金はかかりません:)

 

以上、シンガポールから近隣諸国へ行く際におすすめのReadyRoamについて紹介しました。

Copied title and URL