SingPostアプリでのGSTの払い方【シンガポール・関税】

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

今回は、SingPostのアプリを使ったGSTの支払いについてシェアします。

ざっくり

  • アプリをダウンロード
  • カードで支払い
  • 2−3営業日で荷物が届く

というのがサマリーです。

 

Sponsored

経緯

日本から送ってもらったEMS。

いつもの通り、日本郵便のサイトでトラッキングを確認していたのですが、「税関から受領」を最後にいつまで経ってもステータスが変わりませんでした。

コロナ禍ではあるものの、最短で5日ほどで届いた経験もあったため、これは何か問題でもあったかなと思っていたところ、こんなお知らせが届きました。

「Letter of Notification For Payment Of Duty And/Or Goods & Service Tax (GST) Applicable On Postal Import(s)」とのこと。

Tracking No.を見ると、今まさに待っている荷物と一致しました。

 

GSTの支払い義務

シンガポールでは、$400以上の価値のある荷物に対して関税を支払う義務があります。

今回の場合、送り主が中身の金額の申告を$400以上にしたようで、関税を支払わない限り荷物が届かないという状況でした。

 

支払い方法

レターを読む限り、以前は荷物受け取り時に現金での支払いが可能だったようですが、今では

  • アプリ
  • SingPost のPost Office
  • SAM kiosk

のいずれかでの支払いのみ受け付けているそうです。

もちろんアプリが手軽なので早速アプリをダウンロード。

 

Sign up(email・電話番号・PIN codeなど)を入力して登録を済ませます。

 

以下のホーム画面から「Pay With SAM」を選択。

続いて「GST/Custom Duties Payment」を選択。

次にレターにある「Tracking No.」を入力します。

すると、Payment Summaryが表示されるので、内容がレターと一致していることを確認し、「Add Payment」から支払い方法を選択します。

以上で支払いは終了です!

 

2−3営業日で配達される

支払い完了後、自動的に配送プロセスに入ります。

アプリのホーム画面から「Track items」を選択し、Tracking numberを入力します。

すると、既に配達の手続きに移行し、3日以内に配達予定であることが確認できました。

以降はこの画面でアップデートを確認できます。

 

以上、SingPost Appを使用したGSTの支払い方法でした!

Copied title and URL