【シンガポール】洗濯機が3時間コースな件

Journal

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

無事にコンドミニアムに入居して、まず行ったことの一つが洗濯。

コンドに入居するまではサービスアパートメントに滞在していたのですが、洗濯機がついていなかったため、やっと好きな時に洗濯できるー!ということで早速使ってみました。

 

Sponsored

主流派ドラム式洗濯機

シンガポールで主流の洗濯機はドラム式。

日本で主流の縦型洗濯機はあまり見かけません。

 

とはいえ、説明書なんてなくても雰囲気でできるだろう!と思っていましたが

 

 

全然わからない笑

 

ということで、イヤイヤ説明書の解読にかかりました。

 

標準コース3時間

説明書によると、複数あるダイヤルで

  • 洗濯モード
  • 水温
  • 乾燥の有無

などを設定することがわかりました。

しかし、よく見ると

 

所要時間3時間…?

 

確かにそう書いてあるが、いやまさか標準で3時間もかかる訳ないだろう!とりあえず回してみよう!

ということで回し始めました。

 

水が少ない?

「入居してすぐの頃は、家や家電のトラブルが多い」と聞いていたので、この洗濯機がしっかりと動くかを確認すべく、まずはじーーーーーっと洗濯の模様を観察。

 

水が少ない・・?

 

わたしの中での洗濯といえば、洗濯槽にお水がたっぷり入ってバシャバシャ洗うもの。

それに、アメリカのホテルのランドリーだって、ドラム式とは言えある程度の水を使用していました。

その時に比べると、圧倒的に水が少ない。

 

これがまさに家電の不良か!

 

と思ったものの、この水の少なさは故障などではなく、これが普通なんだそう。

水が少ない国の洗濯機は、水を節約するためにこういう仕様なのだそうです。(イタリア製だけど)

※結論、この水量でちゃんと洗濯できたので、むしろ節水はうれしい。

 

やっぱり3時間だった

そんな、これまでの洗濯機と全く異なる洗濯機を横目に、疑問・不安をググりながら洗濯の進行を見守っていたわけですが、

 

一向に洗濯が終わる気配がない。。

 

そして、この3時間コースは、本当に3時間かかることがわかりました…(絶望)

 

洗濯ってほぼ毎日するのに、3時間もかけてられないよぉぉぉぉと叫びかけましたが、もう一度よくよく説明書を読んでみると、時短コース(約30分)があることを発見!

 

ちゃんと洗えるのか不安だけど、とにかく試してみることに。

 

洗えた!

結論、この時短コースでもいつも通りの洗濯ができました。

通常コースに比べてどれだけ洗浄力が落ちているはわかりませんが、清潔に洗えているので問題ありません。

 

ということで、右往左往ありながらも、晴れて毎日洗濯できる環境を手に入れたのでした。

 

専用の洗剤を使いましょう

先に記載したように、ドラム式は使用する水の量が少ないです。

そのため、専用(もしくはドラム式対応)の洗剤を使用しましょう!

※縦型用のものを使用すると、泡が立ちすぎて故障のもとになるそうです。

 

以上、ハラハラの洗濯機事情でした。(日本の洗濯技術はすごい!!と改めて実感)

タイトルとURLをコピーしました