【シャネル】ボーム エサンシエル トランスパラン 使い方は?仕上がりは?口コミレビュー 【BAUME ESSENTIEL TRANSPARENT】

Beauty

発売からベスコスを多数獲得し、世界的に欠品→再入荷→欠品を繰り返しているシャネルの名品「ボーム エサンシエル 」。

私自身の2019年のベストバイコスメでもある「トランスパラン」についてレビューします。

これ一本あると、ベースメーク・アイメイク・リップメイクまで幅広くツヤを出せるので、コスパ◎ですよ☺️

 

 

Sponsored

商品

繰り出し式・スティック状のフェイスカラーです。

 

 

仕上がり

付けている部分と付けていない部分の
差がすごい!

クリアカラーなので基本的に色はつきませんが、照明色を反射するので、照明の色によって色の見え方が変わります。(写真は自然光)

この商品が本当に優秀な点は「本当に濡れているようなツヤ」が出ること。

↑の写真では、親指〜人差し指にかけて商品を付けていますが、付けていな部分との差がよくお分かり頂けると思います。

これまで、

「うるおいを感じるツヤ」

のレベルを超えた、

「濡れている」ようなツヤ

を追い求め、クッションファンデ・ハイライト・オイル…色々試してきましたが、これと言ったアイテムやテクニックに辿り着けずにいました。

しかし、このトランスパランは「求めていたのはまさにこれ!」と言った仕上がりで、2019年間違いなくマイベストコスメでした。

   

動いた時のツヤがキレイ

次に、動きをつけた時の見え方です。

 

CHANEL-BAUME ESSENTIEL TRANSPARENT-シャネル ボームエサンシエル トランスパラン

 

実際には非常に細かいラメが入っているので、光を受けてキラキラとします。

ですが、本当に細かい粒子なので、品が良く、ギラついた印象にはなりません。

 

使い方

塗布したい箇所に直接塗るものOK。

私の場合は、直接塗るとベースメークのヨレがきになるので、指先にとってトントンとのせて使っています。

 

ハイライトとして

ハイライト変わりに使用することで、いわゆるラメで作られたツヤではなく、潤いで立体感を作ることができます。

素肌に使用するもOK、ベースメイクの仕上げに使用するのもOKです。

ハイライトとしてのせるのにオススメの箇所は

  • 眉下〜頬骨にかけてCゾーン
  • 目頭から鼻筋に沿って
  • 鼻筋
  • 眉山の上
  • 人中(唇と鼻の間)

です。

 

やりすぎ注意

全てのせるとやりすぎ感が出るので、バランスを見ながらのせてみてください。

  

ベースメークの下地として

ベースメークの仕上げに使用することでよりツヤ感が出ますが、ファンデーションの下地として仕込むことで、よりナチュラルなツヤ感に仕上がります。

 

リップカラーに重ねて

手持ちのリップに重ねることでグロスのように使用できます。

ファンデーション同様、リップの下地として使用するのもオススメです。

アイカラーに重ねて

手持ちのアイカラーにツヤをプラスしたいときにもオススメです。

アイカラーの上からポンポンとのせるだけで、艶めいた印象に。

リップ同様、アイカラーの下地として仕込むのもオススメです。

 

 

専用ブラシもおススメ!

ボームエサンシエルシリーズ専用ブラシ(パンソー イルミナトゥール レトラクターブル 105)を使用することで、より均一に、簡単に塗布することができます。

コシのある硬めの筆です。

商品そのものがバーム状なことと、ふんわりのせるというよりは密着感を出すイメージなので、コシがある筆の方が使いやすいです。

 

 

以上、シャネルのボームエサンシエル トランスパラン についてのレビューでした!

再入荷してもすぐに欠品するので、在庫を発見した際は迷わず買うことをオススメします!

 

 

その他のBeautyコンテンツは、こちらからご覧頂けます。

タイトルとURLをコピーしました