やっとクレジットカードが作れた!シンガポール・UOB ONE Cardを手に入れるまで

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

シンガポールに移住して約1年半。

やっとやっと、念願のクレジットカードを作ることができました:)

確か、半年以上前に一度申し込みをし、理由がわからないままRejectされ、そこからしばらく待って2回目の挑戦でした。

シンガポールでのクレジットカードの審査は、厳しいという人もいれば簡単という人もいて、私より年収の高い人がrejectされているケースもあり、ちょっとハードルが高い存在でした。。

いくら日本でいいカードを持っていようが、ここは異国の地シンガポール。。

当たり前ですが、シンガポールでの実績に基づいて審査されるのであり、前回審査に落ちた時は、自分が日本で築いてきたものが、いい意味でも悪い意味でもリセットされた感覚になりました。

 

と、少し時間はかかりましたが、晴れてUOBのONE Cardを手に入れることができました!Yaaaay!

 

Sponsored

全てオンラインでの申し込み

Covid-19の影響を受け、2022年1月現在、ほとんどの銀行手続きがオンライン化されています。

クレジットカードの申し込みも例外ではなく、わざわざ申し込みのためだけに銀行に出向いたのに、オンラインで申し込みするように言われ、その場での申し込みに対応してもらえませんでした。

 

複雑な書類提出

オンラインではなく銀行で直接申し込みをしたかった理由は、提出書類が複雑なため、です。

前回申し込みをした際はカウンターで対応してもらいましたが、その後emailにて「追加でこの書類も提出してください」といったやりとりが複数回発生しました。

さらに、メールでの提出工程も若干手間がかかり、時間をかけたのに理由が不明なままreject,,,という結果に終わったので、今回は全ての工程をカウンターで行い、書類に不備のない状態でトライをしたいと思っていました。

しかし、前述の通り銀行での対応はしてもらえず1からオンラインで申し込むこととなりました。

提出書類

UOBのオフィシャルページで、必要書類を確認し

  • パスポートのコピー
  • 住所の証明(UtilityのBill)
  • 給与明細
  • 給与が明記された雇用契約書

を準備しました。(この辺り、必要書類は人によって異なるようです)

オンラインの指示に沿って手書類をアップロードして待つこと数日。

前回同様、「追加でこの書類を提出してください」の例のメールがまた届きました。。

前回と同様の展開に、雲行きが怪しいと思っていてやる気をなくし、数日間返信をしないでいると、リマインドのメールが送られてきました。

ここまでのメールは、システムのemailアドレスから届き、指定のシステムのアドレスに返信するように指示されていましたが、2回目のリマインドメールについては、UOBの個人のスタッフの方からのメールで、そのメールに直接返信するように記載されていました。

これまでの経験上(銀行に限らず全般的に)、システムに送るメールはあまりきちんと対応してもらえず、個人的に担当がつくとしっかり対応してもらえるイメージがあったので、

これならば・・・!

と、宛名もしっかりと書き、懸念点も添えた上で返信をしました。

すると、返信後数分で担当の方より電話が。

書類のコピーの一部がぼやけているので、再度提出してほしいとのこと(まさに私が懸念していたポイントでした)。

結局、その後もう一度電話があり「やっぱりこの書類で大丈夫です!」とのことで、そのままプロセスを進めてもらえることに。

これで書類的には大丈夫そうだから、あとは年収やら貯蓄やらの審査で通るかどうか、、、と待つこと1週間。

 

SMSで結果通知

約1週間後に、UOBからのSMSにて「Your UOB card application is successful」とのお知らせが届きました!!

SMSには、カードがどうやって届くかなどの表記は一切なかったので、とりあえず待つことに。

その後、さらに約1週間後、ポストにカードが届き、その1日後にPINの記載された書類がポストに届きました。

 

PINはネットから変更可能

UOBのインターネットバンキングにログインしてみると、早速クレジットカードが登録されていました。

UOB側で設定されたPINコードは覚えにくい数列だったので、「Setting」→「Reset PIN」

から自分の好きな番号に変更しました。

 

UOBのONE Cardはキャッシュバックの特典が色々あるので、これからお得に買い物ができると思うと幸せです:)

Copied title and URL