【シンガポール】マスク用自販機・使い方は?どこにある?StayMasked Distribution

Singapore Life

こんにちは!@triathlete_yurikaです。

シンガポールでは、Covid-19の対策としてマスクの着用がとにかく徹底されています。

外出する際は、運動と食事の時以外はずーーっと着用!というのが基本です。

その分、マスクに対する政府の支援がとても充実しています。

そんな政府の支援の一つが「StayMasked Distribution」です。

 

Sponsored

StayMasked Distribution

StayMasked Distributionは、IDカード保持者を対象に、マスクを無料で配布する政策です。

※公式サイト-https://stayprepared.sg/staymasked/

外国人を含むシンガポール在住者に対し、再利用可能なマスクを無料で配布してくれます。

 

自動販売機-Vending Machine-でコレクト

↓こんな感じの自販機で、ジュースを買うような感じでコレクトします。

 

コミュニティセンターやMRTにある。

自販機は、コミュニティセンターやMRTに設置されています。

私もこの政策を知るまでは全然気づかなかったのですが、注意してみるようになってからは、比較的街の色々な場所に設置されていることに気づきました。

 

使い方

使い方は簡単!

STEP1 マスクのサイズを選ぶ

↑の写真にある画面はタッチスクリーンなので、画面をタッチして希望のサイズを選びます。

この時は、S~XLまで選ぶことができました。

Sは子供用、大人はM以上が目安です。

STEP2 IDカードの読み込み

↑の写真の右下、STEP2の表示の右横にある部分でカードを読み込みます。

バーコード部分をかざせばOKです。

(うまくいかないときは、IDカードのQRコード部分を手でふさいで、バーコードのみが読み込まれるようにします)

 

以上で希望のマスクが出てきます。

 

マスク本体にフィルター付き

今回配布されたマスクは、黒いマスク2枚に、使い捨てのフィルターが3枚ついていました。

マスク本体は洗って再利用することができます。

 

期間内にコレクトを!

マスクのコレクト期間は決まっているので、必ず期限内にコレクトしましょう。

 

以上、StayMasked Distributionについて紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました